実務講師募集!

テキスト1ページ1,000円

自宅で完了

すべてメールで完了

実務テキストの作成について

作成報酬は1ページ1,000円です!

テキスト作成報酬は1ページあたり1,000円です。例えばテキストを50ページ作成頂いた場合、50ページ×1000円=5万円、70ページのテキストを作成頂いた場合、70ページ×1000円=7万円が作成報酬となります。

テキストの枚数は10枚程度と少なくても大丈夫です。また実務で作成した申請書(個人情報削除は必須です)や添付書類なども1ページとしてカウントされますので、テキスト作成報酬は上がりやすいと思います。行政書士業務の合間にぜひテキストを作成してみてください!

テキスト作成のコツ!

実務をやって困ったところ、ちょっとしたコツ、依頼者から聞き取るべきことのリスト、基本となる実務手順や書類作成の方法をテキストで解説!

初めての人がこの通りにすればできるよ!という実務手順書をつくっていただけると嬉しいです!文章で説明することが得意なあなた、ぜひトライしてみてください!

現在、募集している実務講座はこちらです!

  • パスポート認証とアポスティーユ代行の実務
  • 任意後見契約公正証書の実務
  • 道路占用許可申請・道路使用承認申請の実務
  • 特殊車両通行許可申請の実務
  • 貸金業登録申請の実務
  • 医療法人設立の実務
  • 著作権登録の実務
  • 行政書士の集客方法とその効果
  • 外国人関連業務

※上記以外で実務講座一覧に公開されていない講座についてはお問合せ下さい。

失敗事例でもOKです!

「許可が下りなかった」「取り下げになった」など失敗事例でもOKです!「こうやって申請したけど要件不足でダメだった」など上手くいかなかった事例を解説してもらえると、とても勉強になります。
失敗事例はとても強力に実務の能力をアップさせてくれるので、成功事例だけでなく、上手くいかなかった事例でもどしどし遠慮せずにテキストをつくって、解説をしてください。

僕(中山)の場合は依頼者がまさか刑務所に入っているとは知らずに、依頼者の親戚からの問い合わせに「できますよ!」と回答して、結局完了しなかったことがありました(^_^;)この事例のようにテキストで解説したら1ページぐらいで終わってしまう事例でも大丈夫です。

あなたの事務所のやり方でOK!

「私の事務所ではこうやっています。」「こういうやり方でやって、こんな許可が取れました。」「こういうやり方でやってるんですが、どうでしょう?」とういう内容でも大丈夫です。

パーフェクトなテキストや解説は必要ありません。初めての実務に当たるときにちょっとヒントがほしいなぁと思ったとき、この業務ってどうやるんだろ?と思ったときの取っ掛かりになるようなもの、そのような講座を求めています!すこし取っ掛かりがあれば、ぱぁっと道が見えてきたり不思議と安心できたりします。

そのための実務講座ですので法律専門書のような解説はまったく不要です。「私の事務所ではこんな風にやってるんです」この感覚で肩の力を抜いてあなたの事務所のやり方を教えてもらえればうれしいです。

あなたの事務所で全て完了します!

「事務所を休みにして打ち合わせに出かけないとダメなんでしょ?」と心配されていると思います。大丈夫です!あなたの事務所で、あなたの自宅で全て完了します。

テキストの作成は事務所でも自宅でもスタバでもOK!やり取りはすべてメールで完結します。行政書士業務に支障をきたすことはありません!

メリットは?

メリットはすばり!空いた時間に自分のペースで出来る!これです。お客さんとのやり取りが発生しないので完全に自分のペースで全てを完了することができます。お客さんからの返事待ちの間にテキストを作成したり、申請が完了して役所処理が完了するまでの空白の時間を使って作成することができます。

更に1つの業務が終了すると依頼者からは行政書士報酬が、実務研修センターからはテキスト作成の報酬を得ることが出来ます。つまり2重に利益をゲット、一粒で2度おいしい!ということです。テキスト作成の応募条件はこのすぐ下に書いてあるので読んでみてくださいね。

応募条件

■行政書士実務講師:応募条件 その1
レイアウト崩れ防止のため、講義テキストの納品はPDFファイルでお願い致します。

■行政書士実務講師:応募条件 その2
応募、ご質問、ご連絡はすべてメールのみとなりますのでメールの送受信が出来ることが必要です。

また、完成後のテキストはメールに添付して送っていただくことになりますので添付ファイルの送受信ができる必要があります。FAXでの送信は文字がつぶれて、読めなくなる恐れがあるので不可です。送信方法はメールの添付ファイルのみとなります。

■行政書士実務講師:応募条件 その3
匿名での応募はできませんのでご了承下さい。

■行政書士実務講師:応募条件 その4
経験された実案件の業務に限ります。市販の本を読んでテキストを作ったり、経験のない業務についての解説は不可です。失敗の経験であってもかまいませんので、必ず経験のある業務に応募ください。実務経験がある=(イコール)行政書士として登録開業しているということなので注意してくださいね。「登録開業していないけど実務経験がある」というのはダメです。

■行政書士実務講師:応募条件 その5
法律の条文をそのまま写したような講座は不可です。生きた実務を求めていますので、業務経験をベースにしたテキストでの解説をお願いします。

■行政書士実務講師:応募条件 その6
当たり前の話なのですが、他の著作物をそのままコピーしたり、盗作したものは不可です。文章の上手・下手、解説の上手・下手は問いませんので、あなたの言葉、あなたのやり方を教えてください。

■行政書士実務講師:応募条件 その7

過去にテキスト作成に応募後、無断キャンセルした、連絡がつかなくなった、キャンセルを繰り返したなどの履歴がある場合は、応募はできません。

■行政書士実務講師:応募条件 その8
当実務研修センターを受講された方のみの募集となります。

メニュー